浮気調査を依頼したい※夫の携帯メールが怪しい※探偵に依頼しよう

浮気調査を依頼した結果「黒」だった場合の対処法

探偵事務所に依頼されることが最も多いのが、浮気調査になります。

 

そして調査の結果が“黒”であるケースも多いです。

 

実際に浮気が行われていた時にはどのような事になるのかをお話しします。

 

 

 

■証拠の提出あり

 

・写真

 

・映像など

 

浮気調査を依頼すると“白”であっても“黒”であっても、必ず調査報告書というものが作成され、依頼者に提出されることになります。

 

直接的な証拠として重要になるのが、写真や映像になります。

 

ラブホテルなどに異性と一緒に入る写真や映像があれば、浮気として認定をされます。

 

 

 

・映像のほうが確実な証拠になる

 

写真などの画像については、どうしても修正や加工ができるといったこともあるので、証拠としては少し弱い事もあります。

 

実際に裁判になると写真鑑定されるケースもあります。

 

一方映像については加工がしづらいということで、確実な証拠になるので浮気調査依頼者はビデオ撮影を業者に依頼してはいかがでしょう。

 

ただ、少し調査費用がアップする可能性は高いです。

 

 

 

■証拠を活用して対処

 

・浮気を辞めさせる

 

・離婚裁判に持ち込む

 

浮気調査の結果、黒であった場合で証拠を確実に得た時に主にとる行動は上記の二つになります。

 

 

 

今後も結婚生活を続けたい場合には、証拠を突きつけることで浮気をやめさせることも可能です。

 

即離婚ということではなく、今後の結婚生活を円滑に進めるためのリサーチという側面も浮気調査にはあるわけです。

 

 

 

・慰謝料を確実に獲得するために

 

離婚をする時は慰謝料を得られるかどうかが大きなテーマになります。

 

浮気をされていた場合は、浮気した本人と浮気相手に対して慰謝料を請求することができます。

 

しかし、証拠がなければ、相手側がしていないと言い張ってしまうと、慰謝料の獲得は困難になることも考えられます。

 

 

 

一方で、写真やビデオの証拠が残っていると、浮気をしていた事実を示せるわけです。

 

さらに、浮気相手の情報を調べることも探偵事務所では行っています。

 

慰謝料を請求できる相手を特定することもできるので、探偵事務所の利用には大きなメリットがあります。

 

 

 

■黒である判定事由について

 

・異性と一緒にいるだけでは判定できない

 

異性と一緒に食事に行ったり、自動車に乗ったりしただけでは浮気していると判定はされません。

 

ホテルなどの宿泊ができるような施設に一緒に入り同じ部屋にいるようなことがあれば、黒と判定されると思ってください。

 

一緒に旅行に行ったり、ラブホテルで休憩をしたり、という証拠があれば黒と判定されます。

 

その証拠を集めるための作業が浮気調査となるのです。

浮気調査の見積り時に注意しておいたほうが良いこと

浮気調査を行う前に必ず通らなければいけない道が“見積もり”です。

 

注意点を中心に述べさせてもらいます。

 

 

 

■浮気調査の見積もりについて

 

・必ず行うこと

 

浮気調査については様々な問題は指摘されています。

 

その中でも特に注目してほしいのが、見積りについてです。

 

受けないで利用した場合には、ものすごく高い金額を請求されるケースが多く報告されています。

 

100万円や200万円といった桁が違う金額になることもあるので注意してください。

 

どのくらいの金額がかかる可能性があるのかを見積もりで確認すべきです。

 

 

 

■浮気調査の見積もりの依頼方法

 

・自ら行ってくれる業者を選ぶこと

 

契約前には基本的に見積もりを自ら行ってくれるのが一般的です。

 

見積もりも行わずに契約するような業者は問題があるケースが多いです。

 

そんな業者は利用しないのが賢明と言えます。

 

 

 

■複数の会社に依頼すること

 

あまり行わない方も多いですが、見積もりは1社だけにお願いしても意味ありません。

 

せめて、2社や3社程度から見積もりを取るのがおすすめです。

 

 

 

・金額の比較を行う

 

複数の探偵事務所に見積もりを行う理由として最も大きな存在になるのが価格です。

 

1つの業者だけに依頼しては、その金額が高いのか安いのかよく分からないです。

 

いくつかの業者に頼むことで、調査の相場というものも見えてきます。

 

価格を重視しているのなら、最も安い金額を見積もりしてくれた業者にお願いしましょう。

 

 

 

・サービス内容の比較を行う

 

見積もりを依頼することで、サービス内容も確認できます。

 

各業者によってサービス内容が大きく異なることも指摘されています。

 

特定の機材を使っての浮気調査の場合、オプション料金に組み込むような業者もありますが、中には基本料金に組み込んでくれていることもあります。

 

そのあたりの比較をすることも重要です。

 

調査報告書の質の差を調べるのも良いでしょう。

 

 

 

・金額とサービスのバランスを確かめる

 

基本的にお勧めなのが、金額とサービスの比較をバランス良く行うことです。

 

どちらかに比重を置いてしまっては、結果的に調査してもらえないケースもあります。

 

 

 

■見積もり前の準備も重要

 

見積もり時にはいくつか必要な事があります。

 

準備をしなければいけませんので、前もって用意できるものはしておくべきです。

 

・調査対象者の行動範囲の情報

 

・調査対象者の写真

 

・浮気相手の情報

 

 

 

以上のものがなければ、正確な見積もりができない事もあります。

 

少しでも精度の高い見積もりをしてもらわなければ、後々大きな請求がされる可能性もあるわけです。

 

調査に役立つ情報は、なるべく正確に伝えられるようにすべきですよ。