GOOGLE876543

浮気調査はプロに任せる

彼氏や彼女、あるいは夫や妻など、本来お互いの関係性を疑うべきではない間柄においても、一方の密かな裏切りによってそうした意識の崩壊は簡単に発生します。

 

最も解りやすい例が浮気でしょう。

 

信じていた相手だからこそ、浮気された側にしてみればショックも大きく、破局に至ることも少なくありません。

 

更に婚姻関係を結んでいる場合は法的な解決法を頼ることもあります。

 

いずれにしても、浮気の「匂い」をパートナーの行動の中に感じ始めたら、やはり男女関係なく感情としてその証拠をつかみたいと思うものです。

 

白黒はっきりつけて、関係を清算したいという動機によるものもあるでしょうし、はたまた自分の疑念が単なる誤りであって欲しいとの願いから、身辺調査に乗り出す場合も当然あるはずです。

 

 

 

特に法的手段でパートナーや浮気相手に対して慰謝料を請求する時などは、確実な証拠物件が必要となってきますから、しっかりとした浮気調査の実施は必須であるとも言えるでしょう。

 

しかし、感情的に激しく揺れている当人が、相手の浮気調査に乗り出すのは少々危険と言えなくもありません。

 

冷静な判断を欠くような状況に陥っては、せっかくの証拠をつかみ損ねるという最悪の事態も起こり得るからです。

 

ですからここは、興信所の調査員などに仕事を依頼し、プロのテクニックを以て確実な調査を行うようにしましょう。

自分で浮気調査をする方法

 

浮気調査を依頼したいけれど、調査費用を払うことができないという人も多いですよね。

 

探偵社などに依頼をしたくないという人でも、自分で浮気の証拠を見つけることは可能です。

 

探偵社などのように、本格的な調査はできないかもしれませんが、ある程度白か黒かを判断することができるのです。

 

浮気を疑っている人は、まずは自分でできることを行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

浮気調査は、物的証拠をたくさん見つけられるかどうかがポイントになります。

 

まず必要なのは、配偶者の行動パターンを知っておくことです。

 

何曜日は帰りが遅い、何曜日は普段とは違って身だしなみに気を使っているなど、細かいところまで注意して見ましょう。

 

また、クレジットカードなどの使用履歴や、可能であれば、携帯電話の発着信をチェックしてみることも重要なポイントです。

 

車で通勤をしているのであれば、その走行距離も確認してみましょう。

 

目に見えて走行距離が伸びている場合は、浮気相手と会っているという可能性もあります。

 

カーナビがついていれば、過去の走行ルートから相手の住所を知ることもできます。

 

 

 

浮気調査を探偵社などに依頼することに不安を感じている人や、ちょっと敷居が高いと思っている人は、

 

これらの方法を試してみるといいと思いますよ。

浮気調査を依頼するときのポイント

 

浮気調査を行う時、興信所を利用することで、スムーズに証拠を集めることができます。

 

ただ、興信所によっても調査能力に差が出てきますので、安心してお任せできるところに調査を依頼する必要があるのです。

 

 

 

まず、浮気調査を依頼する時には、興信所のスタッフが充分な能力を持っているのか確認しておく必要があります。

 

スタッフが経験を積んでいれば、失敗する心配もなくなりますし、確実な証拠も得ることができます。

 

ただ、興信所によっては、アルバイトなどの経験が浅い調査員に調査させている場合もありますので、どんな調査員が在籍しているのか確認しておく必要があるのです。

 

 

 

また、浮気調査を行う前には、具体的な悩みや調査内容について相談していくことになります。

 

この時、うまく話を聞きだしてくれたりつらい気持ちに寄り添ってくれるスタッフがいれば、詳しく話を行っていくこともできます。

 

浮気調査を行う時には、どの程度親身に話を聞いてくれるのか確認しておくとよいでしょう。

 

 

 

このように、浮気調査を依頼する時には、調査員の能力やスタッフの対応などから選んでいくと、納得して利用することができます。

 

浮気調査を依頼する時には、この点から選んでみるとよいです。